ジャズを聴きながら

  
 夜中に、会社に残って独りで仕事しているとき、よくジャズを聞いた。
 もちろん、気持ちを集中して原稿書きに没頭するときは聞けない。
 しかし、文章を書いているとき以外、意外と音楽があった方がはかどる仕事もある。

 なぜ、ジャズなのか。
 それは、音としての抽象度が高いからだろう。
 こういっちゃなんだけど、音に神経を集中させても、漠然と聞き流していても心地よい。

 たとえばJポップや演歌なら、言葉によるナマなメッセージが強すぎる。
 ロックやR&Bは、ビートが雄弁になる。

 しかし、ジャズはメッセージが乾いている。
 クールだ。
 これが、ひとつの仕事に没頭しようとするとき、意識を集中する妨げにならない。

 そんなわけで、写真を選ぶときなどは、かなりジャズのお世話になった。

 よく聞いたのは、US3(アススリー)の「カンタループ」。

 ハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island」をサンプリングして作られた曲らしく、昔の名曲のエッセンスが、ラップのかけ声の入った現代的アレンジを受けて、絶妙にカッコいい。
 これを、ほぼエンドレス状態で聞いた。
  
  
  
 他によく聞いているのは、ホレス・シルバーの「ソング・フォー・マイ・ファーザー」。
 ジャズ通には広く知られた有名な曲だけど、それだけのことはある。
 何度聞いてもいいのだ。
 こういう “音” は本当にカッコいいと思ってしまう。


  
 
  
 ウィントン・マルサリスの「Sister Cheryl」も好きな曲だ。

 そういう音楽が背景に流れてくると、仕事で選んでいるキャンピングカーの何気ない画像に、突然音楽が流れ出す。
 「あ、こんな曲が流れると、この内装はこういうふうに見える!」
 そのつど、新しい発見があったりする。
     
  
参考記事 「ジャズはいつだって大人の音楽」
  
参考記事 「好きな音楽ベスト20」
 
 

カテゴリー: ヨタ話, 音楽   パーマリンク

ジャズを聴きながら への4件のコメント

  1. ムーンライト より:

    [ジャズを聴きながら]・・・いいタイトルですね。
    大人の雰囲気があって。
    『 キャンピングカー SUPER ガイド 2008 』 の写真に
    ジャズの響きを感じる読者はきっといるでしょう。
    私が、三年前、長い年月を経て
    大木トオルさんのCD『SWEET HOME TOWN』を手にした時。
    私の心の中に流れたのは「AMAZING GRACE」でした。
    大木さんがこの曲を歌われたことがあるかどうかは分かりません。
    けれども、ジャケットの、暗闇から光を見上げているような
    大木トオルさんの横顔の写真を見た時。
    私の胸に響き渡ったのは、何故か「AMAZING GRACE」でした。
    町田さん。
    お元気で何よりです。
    これからも、お仕事の合間に更新してください。
    楽しみにしております。

  2. TJ より:

    『キャンピングカー SUPER ガイド 2008 』を読みながら聴くジャズコンピレーションCDを付録にどうですか・・・笑
    TJはここのところ長距離移動で必ず渋滞にはまるので(それも20キロとか30キロ)イライラしないように音楽選択しています!!

  3. 町田 より:

    >ムーンライトさん
    大木トオルさんの「SWEET HOME TOWN」のジャケットからアメイジング・グレイスを聴き取るという感性、素晴らしいと感じます。
    アメイジング・グレイスというのも不思議な曲で、静かに歌えば、透明度の高い賛美歌のように聞こえ、ゴスペルのように力強く歌えば、希望をたぐりよせる応援歌にもなる。
    いずれにせよ、超越的な力を秘めた旋律ですよね。確かに大木トオルさんの横顔に合っていました。
    何気なく見た画像から、不意に立ち上がる旋律。
    それは突拍子もないようでいて、心の奥で、きっと何かの回路がつながっているんでしょうね。
    そういう体験を多く持てる人って、やっぱり幸せな人のように思えます。

  4. 町田 より:

    TJさん
    キャンピングカーの本にジャズCDのセット。
    楽しい発想ですね!
    キャンピングカーも生活する空間。テレビもDVDも当たり前になってきています。ユーザーの中にはオーディオルーム仕様というのを造っている人もいます。
    でも、まだそれはキャンピングカーの室内空間そのものを楽しむ発想とは少し隔たりがありますね。
    映画のシーンを情緒的に見せるのに音楽が効果的であるように、キャンピングカーの室内をより楽しむための音楽というのを、CDとセットでガイドブックに付けるというのも、アイデアとして有り! ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">