コンスタンチノープルの戦い (実況中継)

《 ニュース24時 特番 》  
 
「コンスタンチノープルの戦い」 
 
 【司会】 こんばんは。 「ニュース24時」 の時間がやってまいりました。
 今日はですね、先ほど臨時ニュースでお伝えしたように、ついにキリスト教側とイスラム諸国が事実上の交戦状態に入った事件を中心に、放送時間を延長してお伝えしようと思います。
 
 解説には、関東関西大学の町田先生にお越し頂いておりますが、その前に、まず、状況がどうなっているのか。そちらの方から先お伝えしたいと思います。
 
 ええ、コンスタンチノープルには、河村記者が行っております。
 河村さん、そちらの様子を教えてください。
 

 
 【河村記者】 はい、今私はですね、カリシウス門から入った近くのセントソフィア大聖堂の前にいます。眼下に見下ろせる金角湾からはですね、今日はしきりに船が往来しています。
 首都防衛にかけつけたキリスト教側の戦闘艦と、首都に穀物などの食料を運び入れる輸送船がせわしく湾内を行き来しています。
 先ほどから教会の鐘が鳴り響き、セントソフィア寺院には、首都防衛を祈願するたくさんの市民が集結し、朝から礼拝に余念がありません。
 
 たった今ですね、ヴィザンチン帝国の皇帝コンスタンティヌス11世ほか、イシドロス枢機卿、ほかヴェネツィア大使、ジェノバの代官らも交えた作戦会議が催された様子です。
 会議の詳細は分かっておりませんが、初代のコンスタンチン大帝以来1,100年続いたこの歴史と伝統ある街を守り抜くために徹底抗戦を貫くという方針が定まったようです。
 

 
 今日は朝から、防壁の上も相当混雑しておりまして、城壁の上に設置された大砲で使う弾丸が、しきりに運び込まれています。これには兵士のほかに、一般の市民も協力している模様です。
 先ほどからですね、私の回りにも、城壁の階段を物資を運ぶ人々の姿が動きを早めています。 
 ちょっと市民の声を聞いてみたいと思います。
 
 「ああ、ウンベルディアノクレス、アラ、モラビアータ、ウン、ポンドゴレス、メゾ、ソフォン、クレ?」
 
 「ディアメゾン、ゴランヴィラクレメンソ、ゴナ、ミノレット、トレヴィザン」
 
 「フラゴナ、ゴメ、プリメラゾン?」
 
 「ジャガ、メンドゥーサ、オモン、ゴラン」
 
 ええ、今私は城壁の上に武器を運び上げようとしていた市民のひとりにインタビューしてみましたが、彼が答えるには、 
 「この町は、今まで一度も陥落したことがない。今回も、我々は町を死守するつもりだ。神が私たちを見放すことはないだろう」
 
 こう言い残して、市民のひとりは城壁の上に武器を運んでいきました。
 

 
 このようにですね、コンスタンノープルを守る市民たちの士気はかなり高そうです。
 先ほどですね、キオス島を本拠地としたジェノバの将軍シュスティアーニ率いる500のジェノバ兵が2隻の軍船で到着しまして、市民に歓呼の声で迎えられ、市民の表情は意外と明るい表情に包まれています。
 

 
 現在金角湾には、ジェノバ艦隊のほかヴェネツイアの大型ガレー船 5 隻も金角湾に集結しておりまして、海軍力に関してはトルコ軍より上との評判もありますので、ヴィザンチン側はこの海軍力を結集して首都の防衛に力を注ぐ意向のようです。
 
 しかし、市民の中で戦える男子も含めましてヴィザンチン側の守備兵力は7千人しかおりません。
 このあたり、人海戦術を展開するであろうトルコ軍に関して、どこまで町を防衛できるのか。
 ヴィザンチン側に与えられた厳しい条件をどうクリアするのか。その辺の課題はいまだ解消されてはおりません。
 
 …………………………………………………
 
 【司会】 さて、いっぽうアドリアノープルを出発したトルコ側の様子を伝えてもらいましょう。 
 
 アドリアノープルにはバッキー記者が行っております。
 バッキーさん、…バッキーさん。アドリアノープルの様子はどうでしょうか?
 
 【バッキー】 はーい、こちらは今まるでお祭りのような騒ぎに包まれています。
 私は今、アドリアノープルの宮殿前広場におりますが、もうスルタン出征の様子を一目見ようという市民がですね、朝から広場を埋め尽くして、歩くこともできない状態です。
 

 
 今日は1日中軍楽隊が景気の良い行進曲を奏で続けていまして、それに市民の歓声、そして軍馬のいななきが混じりまして、ちょっと人々の話す声も聞き取れない状況です。
 
 今私の目の前にですね、イザク・パシャ率いるアナトリア軍団が行進中です。
 このアナトリア軍団というのは、トルコ軍の中でも正規軍団だけに、全員が赤いトルコ帽に装備を統一して、一糸乱れぬ行軍を続けております。
 
 実はですね、このあとトルコ軍の誇る最新のハイテク兵器が登場するとあって、市民たちはその話題で持ちきりです。
 なんでも、ハンガリー人の技術者であるウルバンという人が設計した砲身が8mにも及ぶという巨砲でありまして、その射程距離は1㎞という超ハイテク兵器だそうで、30頭の牛と700人の兵士の力でやっと動くという、恐るべき大型大砲だということです。
 軍事大国であるオスマン・トルコの恐ろしさを示す新兵器もこれからお目見えする予定です。
 
 あ、今ファンファーレが鳴り響きまして,人々の歓声が一段と高まりました。
 あ、いよいよスルタン,マホメッド2世の登場のようですね。
 お聞きください。割れんばかりの大歓声です。


 
 ああ、宮殿の門からイエニチェリ軍団が出てきました。
 スルタンの親衛隊といわれるイエニチェリが、白いフェルトの帽子に緑色の上着を着て、肩に弓を抱えて行軍してきます。
 スルタンの親衛隊といわれる無敵のイエニチェリです。 
 全員が白のトルコ式ズボンに、ベルトに半月刀を差し込んで、見事な隊列を組んでやってまいります。
 
 実に整然とした行進です。
 兵士の背たけも、まるで物差しで計ったように、同じぐらいの背たけで統一されてですね、まるで機械仕掛けの兵隊のように、見事に同じ歩調で歩いてやってまいります。
 弓を抱えた兵隊の後ろは、槍を抱えた部隊が続いております。
 すごいです!
 槍の穂先がきらきら輝いて、まるで銀色の林が動いているようです。
 
 その周りをですね、赤字に白の半月を染めたトルコ国旗が何千、何百とはためています。世界帝国をめざすオスマン・トルコの威信をかけたイエニチェリの行進が、いま私の前を進んでいます。


 
 あ、いよいよスルタンの登場のようですね。
 あ、来ました! 来ました! 
 イエニチェリ軍団の中央を、白のマントに白のターバンを巻いた若者が颯爽とした馬に乗って姿を現しました。
 オスマン・トルコの若い君主、マホメッド2世の登場のようです。
 白く輝くばかりの純潔アラブ馬にまたがっております。少し顔を高潮させながらも、まっすぐ前を向いたまま堂々とした手綱さばきでこちらに向かってきます。
 
スルタン騎馬像
 
 沿道の歓声が一段と高まっています。
 私の隣にいて手を振っている老人が、しきりに大声で声援を浴びせています。
 
 ちょっと声を聞いてみましょう。
 
 「スルジュ、スル、デウシメル、アナドルアースゥ、メクテプ、メドレセ?」
 
 「エフェエンディ、フェイズスッラア、イジャーゼット、ギュルババル、コンスタンチノープル、アスケリ、レアラー」
 
 ええ、今日の日を心待ちにしていたんだ。神がコンスタンチノープルを我々にお与え下さるのは間違いのないことだ。今日は我々にとって永遠に記念として残る日になる」
 
 ええ、私の隣の老人はこう答えています。
 それでは、アドリアノープルからの実況をひとまず終りにします。
 
【司会】 バッキー記者どうもありがとうございました。
 ここでひとまずお知らせをはさんで、なおもこの事件の報道を続けたいと思います。
 
 ………………………………………………………
 
 【司会】 それではですね、この戦闘がどういう方向に向かうのか、今日は軍事評論家の関東関西大学の町田先生にお伺いしたいと思います。
 
 先生、いよいよオスマン・トルコのモハメッド2世がアドリアノープルを出発したわけですが、今後どういう展開が予想されるのか、そのあたりをお聞かせ願えますでしょうか。
 
 【町田】 ええ、僕はねぇ、この戦い相当長引くと思いますよ。
 確かにトルコ軍は準備万端整えて、おそらく一挙にコンスタンチノープルを陥落させようと思っているでしょうが、この都市は非常に堅固な城壁を持っておりまして、今まで正攻法の攻撃では一度も陥落したことがないんですね。
 だから、今回も持ちこたえるような気がしてならないんです。
 僕はねぇ、場合によっては、ヴィザンチン側が、きわめて有利な条件で講和を結ぶという決着を迎えると感じているんですがねぇ。
 【司会】 はぁ、なるほど。その根拠はどういうところにあるのでしょうか。
 【町田】 まぁ、この戦いそのものが理屈の通った戦いではないんですね。
 トルコ側にコンスタンチノープルを落とす理由が実はないんですな。
 まぁ、現在コンスタンチノープルというのは、確かにキリスト教側の象徴的都市のひとつでありまして、それを落とすことがイスラム側から見ればひとつの大きな意味をもたらすようにも見えるかもしれません。
 しかし、実際この町は東西貿易の要としてですなぁ、この町が存続することによって、トルコ側も十分な恩恵を得ているんですな。
 
 要するに、この町はですねぇ、ヴェネチアやジェノバの商人が事実上交易の拠点として巨額な貿易取引を行っておりまして、その富がトルコ側にももたらされているわけなんですね。
 それをトルコが直接支配したとしても、交易のノウハウを持たないトルコでは、現在の交易水準を維持できないわけで、それは経済的にみれば、むしろトルコにとってマイナスなんですな。
 
 【司会】 そのへんトルコ側はどう思っているんでしょうか。
 【町田】 トルコ側にも、ハーリル・パシャという、わりと開明的な大臣がおりまして、もともと彼は今回の軍事行動には反対の立場を示しておりますから、戦いが硬直状態に入ってくれば、彼を通じてヴィザンチン側との講和が生まれる可能性もあると、僕は見ているんですがね。
 
 【司会】 分かりました。今日は緊迫したアナトリア半島の様子を実況を踏まえてお送りいたしました。
 「ニュース24時」 は、この後もスポーツニュースをはさんで、この状況の推移をお伝えするつもりです。ひとまず皆さんとお別れします。
 
 

カテゴリー: 創作   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">