カミングアウト

 以下の話は、食事中の人、ないしは想像力の活動が過度に活発な人には、この先を読むことを勧めない。
 この忠告を無視して、読まれてしまった方が、その後どのような心理的、生理的苦痛を感受しようが、それに対して当方は責任を取らないので、心して対処していただきたい。
 で、何の話かというと、肉体的欠陥に対する個人的なカミングアウトだ。
 
 誰にでも、肉体的な欠陥というものがある。
 私にもある。
 足だ。
 「短い?」
 それは言われなくても、分かっている。
 そういう構造的な欠陥ではなく、生理学的な欠陥というものを抱えている。
 「油足」 とでもいうのか。
 年中足が、熱気と湿気と油っ気を持って、熱く火照っている。
 靴など半日履いているだけで、冬でも、足がブロイラー状態になっている。
 
 で、靴下を脱ぐと、その靴下自体が、すでに真夏の運動場で100mダッシュを繰り返したときのトレーニングシャツのように、大量の水分を含んで重くなっている。
 絞ると、タラタラと汗が床にこぼれ落ちる。
 そのときの臭気には、さすがに自分でも耐えられない。
 うちの犬などは、それをめがけて突進して来て、くんくん臭いを嗅ぐばかりでなく、場合によってはなめる。
 実に下等動物だ。 
 だから、あれらの四足動物は、永遠に 「文化」 を持つに至らないのだろう。

 このような足と付き合うからには、それなりの覚悟が必要だ。
 会社で寝泊りしながら、仕事をしているときなど、3日目ぐらいから、足対策が最大の課題となる。
 寝る前には、「アルコール除菌ウエットタオル」 などというもので、丹念に指裏の油分を擦り取る。
 しかる後、空気に触れさせて乾かせてから、指がそれぞれ分離する 「5本指ソックス」 に履き替える。
 それでも、一晩寝ると、もう5本指ソックスですら、指の間に溜まった汗と油を吸って、クラゲみたいにぶよぶよしている。
 なまじ、5本も指がある不思議な形のソックスなので、ぶよぶよ状態で摘み上げると、新種の生物でも発見したような感動がある。


 ▲ 足対策3点セット

 このような、高温多湿系の足というのは、水虫などとも相性がいい。
 で、水虫が発生してくると、これが厄介だ。
 もともと、水虫は嫌いではない。
 独身時代、アパートに戻ってきて、誰もいない部屋の電気をつけるときに、妙に寂しいものを感じたが、水虫が痒いと、とりあえず一刻も早く靴下を脱いで、指を掻きたいので、そういう寂しさを忘れることができた。
 だから、水虫には恩がある。
 
 しかし、今はそうも言ってはいられない。
 掻くと気持ちがいいので、そっちに気をとられると、仕事に集中できない。
 でも、掻かずにいられないので、ついつい掻いてしまうから、皮が剥けて赤肌状態になる。
 こうなると、今度は、痒いけれど、掻くと痛いので、掻くわけにはいかない。
 
 どうしたらいいのやら…。
 
 風呂に入って、皮膚科に行けばいいだけの話なんだけど、その時間が取れない。
 気持ち悪くなった?
 
 だから、言ったじゃない、最初に。
 「この先は読むな」 って。

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

カミングアウト への4件のコメント

  1. MA64 より:

    私はこれで対処しています。
    メレルのジャングルモックベンチレーター
    ttp://store.shopping.yahoo.co.jp/amyruth/m63931.html
    外観は慣れですが快適ですよ。

  2. DreamiN' より:

    不覚にも、お昼の前に読んでしまいました。
    読むな!と言われると、余計に読みたくなってしまうのが、人間の悲しい性です。それとも、単にアマノジャクなだけでしょうか?
    しかし、こういった自分をさらけ出した文章からは、書き手への親近感がわいてきますね!町田さんの思いとは裏腹に、とても清々しい気持ちです。

  3. 町田 より:

    >MA64さん
    貴重な情報ありがとうございました。
    メレルのジャングルモックベンチレーター。
    なるほど! メッシュの入ったシューズというわけですね。
    これなら、蒸れなくてすみそうです。
    「素足で履いても快適」
    とありました。
    誘惑されそうです。
    今度探してみます。

  4. 町田 より:

    >DreamiN’さん
    お昼ご飯前に読ませてしまい、申し訳ございませんでした。
    >「清々しい気持ち」 だなんて…ホントに恐縮です。
    足のことでは、カミさんと犬には迷惑をかけっぱなしです。
    つまらないザレ事にわざわざコメントをお寄せいただきまして、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">