ネズミ以上 イヌ未満

 
 ワタシがこのいえにきてから、二度めのお正月がやってきます。
 うれしいな。
 お正月はいえにいてくれるんですね?
 公園にさんぽにつれていってほしいです。
 
 それから、おふろにもいっしょにいれてくださいね。
 いつもお散歩のあとはシャワーばかりでしたが、このまえ、生まれてはじめておふろにはいって、こんなにきもちのいいものだと、はじめて知りました。
 いつもこころあたたまるお言葉をかけてくださって、ありがとうございます。


 
 でも、このまえ、おくさまとお話しされていたことはショック。
 「こいつバカじゃない? ピョンピョン飛び跳ねてさぁ、テーブルの角に頭ぶつけているし、足踏み外して階段から落ちそうになるしさ。犬って、こんなに不器用な動物だっけ?」
 「まだ、子供なのよ」
 「こいつさぁ、顔がネズミに似てねぇ? 来年ネズミ年だからさぁ、こいつの写真撮って年賀状にしても、みんな分からないかもね」
 「いくらなんでも、ネズミには見えないでしょう」
 「でもさぁ、知能はネズミ並かもね。ネズミ以上イヌ未満」

 ああ、ひどい。
 ワタシがにんげんの言葉を知らないとおもって…。
 イヌにだって、ちゃんと分かるんです。
 ただ、にんげんの言葉には、言葉をかえせないだけ。
 ぴょんぴょん飛び跳ねるのは、それだけうれしいからなんですよ。

 ひどい言葉をかけられると、やっぱりきずついてしまうんです。
 このまえは、こんなこともおっしゃってましたね。
 「こいつさぁ、言葉しゃべれないから可愛いんだろうな。もし人間の言葉しゃべり始めたらさぁ、にくったらしくて飼っちゃられねぇかもしんないな。
 “たまにはイヌのエサにもコストかけろよ”
 “いつまでも赤ちゃん言葉使うんじゃねえよ”
 “呼ぶなよ、いま眠いんだよ”  …なんて言い出したら、嫌だよな」

 ひどい!
 ワタシぜったいそんなこといいません。思ったこともありません。
 おくさまと、そんなことを話しているのをきくだけで、かなしくなります。 
 
 でも、いつもはとても優しいので、かんしゃしています。
 ワタシは、ぺろぺろお顔をなめさせてもらうのがいちばんすきです。
 どうか来年もかわいがってください。
 いつまでも元気でいてください。

 おしごといそがしいようですが、たまにははやくおうちに帰ってきてください。
 お願いごとがあります。

 ワタシにまたがって、オナラをかけるのだけはやめてください。
 臭いからいやなのではありません。
 そんな、ご主人様のすがたを見るのが悲しくなってしまうのです。

 でも、それさえなければ素敵なご主人さまです。
 らいねんが、いい年でありますように。
 ネズミ以上イヌ未満より
   
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

ネズミ以上 イヌ未満 への2件のコメント

  1. 磯部 より:

    なんだか「我が輩は犬である」、みたいで面白いなー(ワラ)。町田さんの犬への愛情がプンプン伝わってきますよ。
    やはり、ペットっていいですね!癒し効果抜群のワンちゃんとお見受けしました。
    今度会うときは、一緒に連れてきてね!

  2. 町田 より:

    >磯部さん
    磯部さんのコメントで、わが家の「イヌ未満」ちゃんが、実は「お馬鹿」を振る舞うことによって、人間に「癒し」を与えてくれていることに気づきました。
    こりゃ、感謝しなければいけません。
    一緒にキャンプするときには、連れていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">