辛口性格診断

 
 昼休み、会社のデスクで 「白身フライのり弁」 380円なり、を食べながらネットをふらふらさまよっていたら、偶然 「辛口性格診断」 というサイトが目に飛び込んできた。
 信じていないクセに、占いとか、血液型性格判断といった話が好きなタチである。
  

 
 白身フライを頬張りつつも、ムラムラと好奇心が湧いた。
 
 口上を読むと、「エゴグラフに基づいて当社が独自開発した性格診断テスト」 だとか。
 なんじゃらほい。
 
 で、「人の言葉をさえぎって、自分の考えを述べることがある」
 「礼儀や作法にうるさい方だ」
  ………… てな設問が25問ならび、それぞれ、
 
 「非常に当てはまる」
 「当てはまる」
 「どちらともいえない」
 「あまり当てはまらない」
 「まったく当てはまらない」
 という五つの答から選んでいく。
 
 で、私の診断結果は…というと、
 【総評】 「あなたは大人です。冷静な判断力があり、うまく世の中を渡っていけそうです」
 と、ご託宣が下った。
 さらに読むと、
 「計算高い性格なので、ともすると “冷たい”、“面白みがない” と見られることがあります」
 だって。
 
 なんだか気にさわる表現だなと思って、もう一度テストのタイトルを見てみると、確かに 「辛口」 と書いてある。
 さらに診断を読むと、
 「あなたは仕事とプライベートの切り替えが上手で、会社人間になりにくく、チームで仕事をするより、自分の技能や知識を生かして、専門職として活躍する方が向いています」
 なんて書いてある。
 
 会社勤めを30年間きっちりこなしている私のことを、まるで分かっていない診断だと思ってもみたが、まぁ、いつの間にか1人で編集の仕事をやっているわけだから、当たっていないこともない。
 
 次に 【恋愛について】 という欄を見る。
 「すべてスマートなあなたは、恋愛もスマートです。プライドが非常に高いため、自分から追いかけるスタイルは好まず、追いかけて来た相手を慎重に値踏み・選別しながらクールな恋愛を楽しみます」
 誉められてんだか、けなされてんだか。
 
 「もし、自分が気になる相手がいた場合は、うまく仕組んで相手に追いかけさせるでしょう。しかし、相手の反応がない場合は、さっさとあきらめます。そもそも人生における恋愛の位置づけが非常に低いのが特徴です」
 おいおい!
 なんだか、とても 「嫌な性格」 って言われている感じじゃないのよ。
 こんな診断、とてもカミさんには見せられない。
 
 【交友関係・ネットワーク】 ってところでは、次のような指摘が…
 「文化的な活動を好むあなたは、体を動かしたり、自然の中で生活したりといったことは苦手です。かわりに本を読んだり、ファッションに凝ることに興味を感じます」
 げぇ! まがりなりにも、キャンピングカーやキャンプに関連した仕事をしているわけである。
 「自然の中で生活したりといったことは苦手です」
 なんて言われた日にゃ致命的じゃないか。
 
 「本を読んだり、ファッションに凝ったり…」
 っていうところだって、本は読むけど、ファッションセンスはからっきしダメだしなぁ…。
 
 さらに致命的なことは、「モノに興味がない」 って指摘。
 このテストでは、各項目ごとに、全体の平均値と、それに対する本人の嗜好値が比較できるような結果が表示される。
 
 それによると、60%の人が 「買い物好き」 と答えるなかで、私の 「買い物好き」 指数は、わずか38%。
 「人の持っている物が欲しくなる」 と答える人が23%を占めるうち、私の 「欲しくなる」 度は
たったの 2%。
 「新製品は他人より早く試す」 では、平均値28%中、12%。
 「ブランド好き」 の人が全体の25%いるなかで、私の指数はたった 8%。
 
 やれやれ…。モノオンチ、モノ無関心が暴露されてしまったわけだ。
 物欲度が低いところが清々しい、なんて喜んではいられない。
 これは、「モノの価値が判定できん」 という、キャンピングカーライターとしての信頼性を一気に低下させるような診断だといえる。
 
 最後に 【芸能人・有名人ならこのタイプ】 というオマケがあった。
 誰なんだ? と思って読むと、サッカー日本代表の中田英寿が、私に似ているんだとか。

 逆か…
 私は中田英寿タイプなんだそうだ。
 「常に冷静にキラーパスを狙い、ゴールを決めても決してはしゃいだりしないその姿勢は、“フィールドの王様” にふさわしい貫禄を漂わせています」
 ほぉ、当たっている!
 とニンマリしたら、中田英寿ってもう現役じゃねぇじゃん。
 このデータ、いったいいつ作られたんだ?
 
 概して、このテスト。自分にとって好ましい診断とも思えなかったが、冷静に振り返ってみると、妙に当たっているところもあって、存外、自分の真実をえぐり出された気がしないでもない。
 
 もう一回テストしてみて、同じ結果が出たら信じてみるか。
 今度は自分を正直に見つめるつもりで、設問をよ~く考えながらワンモアトライしてみた。
 
 じゃーん! まったく違う結果が出てくるじゃん!
 なんだコレ?
 
 次に出てきた私の性格は、
 「人に気をつかい過ぎて自分のキャラをはっきり出せず、損をする性格です」
 ってさ。
 「合理的で計算高い私」 は、わずか10分後に、別人格に変身したのである。
 
 皆様も、話のネタにトライしてみてはいかがでしょう。
 
 http://www.jmrlsi.co.jp/cgi-bin/ego/diagform.pl
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">