秀吉の成金趣味

  
 ネットをさまよっていたら、
 「豊臣秀吉という人は、とっても芸術的センスに秀でた人だ」
 というような記事を掲げたブログを、発見した。
 
 秀吉…
 芸術?
 
 あまり、ありえない言葉の組み合わせに思えて、少し注意深く読んでみた。
 なかなか面白い記事で、「へぇ !! 」と目ウロコ状態になった。
 
 豊臣秀吉といえば、“いやしい百姓” 出身の天下人(てんかびと)。
 権力のトップに登りつめてからは、そのキンキラした成金趣味ばかりが目立つようになり、格調の高さを尊ぶ「芸術」などという言葉が、およそ似つかわしくない人という印象がある。
 
 ところが、その記事によると、成金趣味こそ、秀吉が生きた時代の「新しい芸術観」だったというのだ。
 秀吉の時代を象徴する華麗な「桃山文化」というのは、秀吉という不世出の英雄の「新しい芸術観」によって導かれた、史上まれなる文化なのだそうだ。
 
 秀吉を「不世出の英雄」と祭り上げるセンスが、ちょっと古いかな … という気がしたので、その記事を注意深く検分すると、どうやら日本浪漫派の有名な文筆家である保田與重郎という人が、昭和11年に書いた文章を、ブログの管理人さんが紹介しているものらしい。
 
 おいおい、戦前の文章かよ!
 … とは思ったが、逆に、その保田與重郎の “秀吉論” が持っている現代的なセンスに脱帽する思いがした。
 
 大意は、次のようなものだ(ちょっと強引な意訳であるが…)。
 
 秀吉が天下を取る前の日本の美術では、水墨画に代表されるような、ワビ・サビの精神に通じる「枯れた芸術」が良しとされていた。
 ところが、信長・秀吉の天下取り構想が実現されるようになって、為政者の権力を誇示するような巨大城郭が建てられるようになり、その室内装飾には、金箔を多用する華麗な屏風(びょうぶ)画などが登場するようになった。

 特に、秀吉は、その出自が農民であったために、当時の武家文化・貴族文化にとらわれない新しい感覚で、その居城を飾った。
 つまり、王朝文化の伝統を引きずる貴族たちや、室町文化の伝統を尊ぶ武家たちが、歌や書で守ってきた “約束事” から、彼は自由だったというのである。

 そのために、日本の芸術のなかで、はじめて「物語から独立した絵画」が生まれた。
 秀吉の芸術は、一見、ゴージャスな成金趣味を表現しているように見えながらも、そこには、「宗教」「物語」「イデオロギー」などから自由になった、近代絵画の精神が息づいていた。

 …… 以上、誤読(?)に近いような意訳になってしまって、原作者や紹介者からは大いに怒られそうだけど、私が解釈したところは、そんな感じだ。

 保田與重郎の原文では、その最後のくだりが、次のように表現されている。

 「桃山の芸術の動因は、贅沢が素直に記録されていることである。しかし、素材の贅沢さは、すでに芸術のひとつの資格である。この近世的な意味での美観の成立は、秀吉の出現によって初めてなされた」

 素材(マテリアル)の贅沢さが、芸術の資格だなんて!
 こいつは、凄いことを言っていることになる。

 秀吉は晩年、当時最高の茶人とされた千利休に、「黄金の茶室」をつくるように命じる。
 それは、「木と土」でつくられた質素な茶室に美を認める千利休の美意識とは、まったく逆行するものだった。

 こんにち我々は、ワビ・サビを重んじる千利休の美意識を「高級な趣味」と評価し、黄金の茶室を考案した秀吉のセンスを「成金趣味」とさげすむ風潮に慣れている。

 だが、「黄金の茶室」を企画した秀吉は、利休に、ひとつのメッセージを与えたかったのではあるまいか。

 「ほれ、利休よ。おめぇの美意識はとやらは、洗練の極みを行っているかもしれねぇが、しょせんは、決まり事にしばられた水墨画の延長でしかねぇのよ」

 秀吉が、もし芸術観・世界観を表現する言葉を使えたならば、彼はそう言いたかったのかもしれない。

 秀吉が、黄金のきらめきに、いかに魅せられるようになったか。
 司馬遼太郎さんは、秀吉と黄金との遭遇を、『新史・太閤記』の一節で、実に上手に綴っている。

 舞台は、今川義元が統治する駿府(すんぷ)の城下町。
 一人の物売りの青年が、この城下町に登場する。
 まだ、「秀吉」とも「藤吉郎」とも呼ばれていないこの青年は、その場面では、ひとこと「猿」と呼ばれているに過ぎない。

 猿が、街道脇の茶店で、餅を食っていると、
 「故郷 (くに)へのみやげ話に、良いものを拝ませてやろう」
 と、茶店の老人が寄ってくる。

 当時でも珍しい小判だ。
 猿は、目もまばゆい小判を一枚、手のひらに載せてもらう。
 
 …… 猿は、反応の正直な男だ。その目もくらむような黄金通貨を手のひらに載せられたとき、「ひっ」
 と、火傷したように全身を慄(ふる)わせた。
 土間の者はどっと笑った。
 「遠慮は及ばぬ。よく拝め。それが世に喧(かまびす)しい駿河小判というものだ」
 重さは二十四~二十五匁(もんめ)はあるだろう。
 黄金の含有量はきわめて多く、あたりを明るくするほどの輝きを放っている。
 この物質の色は、猿が生涯、もっとも好む光色(こうしょく)になったものだが、この物質の出会いにおいて、猿は、感動のあまりほとんど慄(ふる)え続けていた。
 … と、司馬さんは書く。

 もちろん、本当にあった話かどうかは分からぬ。
 たぶん、創作だろう。
 しかし、この小さなエピソードは、天下人となった秀吉が「黄金の茶室」をつくるようになるまでの運命を、何よりも上手に暗示してはいないだろうか?
 一流の小説家は、やっぱりうまい文章を書くものだ。
  
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">