長野のイベント

 
 長野県・長野市で開かれている 「第1回アウトドアフェスティバル IN 信州」 に行ってきました。
 私が見たのは、土曜日の初日だけでしたが、きれいな会場にゆったりと、キャンピングカーが並んでいて、とても見やすいショーでした。

 展示車両は約80台。
 しかし、それが少なく感じられるほどの大きな会場です。さすが、冬季オリンピックの主要施設として使われた建物だけのことはありますね。
  
 MYSミスティックさんが一昨日組み上げたばかりという新バンコンの 「トネリコ」 。
 バンクラフトさんが、キャンピングカー広島さんの 「ピクニック」 の室内をタタミ仕様にした軽キャンカー。

 ドリームアイランドさんが、運転席側にも扉をとりつけたクラスAの 「ミラダ」 など、見所のある展示車両がいっぱい。

 ショーの中心的な役割を務めていた 「かーいんてり高橋」 さんのブースでは、同社自慢の 「ハイファールーフ」」 のタイプCレイアウトのほか、自由にレイアウトを組めるという参考例として、ドンガラのものも並んで展示されるなど、なかなかの興味を引きます。

 終わるまで会場に粘っていたので、日頃話す時間をたっぷり取れないスタッフの方々とも、ゆっくり話すことできました。
 夕方からは、会場隣りの広場で、主催者が 「キャンプファイアー」 のサービスをしていたのですが、これはちょっと、小雨もパラついたせいで、参会者も少なく、少し淋しいものに…。

 一所懸命に、場を盛り立てようとしていた若いスタッフたちが、ちょっと可哀想でした。
 駐車場の一角は主催者が企画した、キャンピングカー宿泊者のための 「臨時キャンプスペース」 として解放され、おいしそうな焼肉の匂いが漂って、皆さん盛りあがっていました。

 私も、声をかけていただき、パーティ参加へのお誘いを頂いたのですが、ちょっと日曜日に仕事が残っていたため、挨拶だけで失礼させてもらいました。残念…。
 7:00頃会場を後にして、小雨の中を家路に。
 ワンボックスを運転していた黒人のお兄ちゃんが、するすると私のキャンピングカーに寄ってきて、
 「ハーイ! どちらまでキャンプですか?」
 と、並走しながら声をかけて来ました。
 「東京に戻るんです」
 と、窓を開けて答えたら、
 「ボク、名古屋です。気をつけて!」
 向こうの人は、フレンドリーですね。

 お互いに手を振りあって、彼は国道を名古屋方向に、私は高速を選んで東京方向に。
 のんびりのんびりと、ジャズを聞きながら中央高速を走り、家についたのは日付の変った12:00過ぎでした。
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

長野のイベント への2件のコメント

  1. TJ より:

    Mウエーブは広いのでキャンピングカーの展示にはいいですよね!搬入口の狭いのは難点ですが!!
    毎年5月のGWにMウエーブから都内方面に夜帰るときに上信越経由関越か中央道か迷いながら渋滞情報をチェッ
    クしながら都内方向に向かいサービスエリアでキャンピングカーが渋滞が解消するまでカーテンをしめて仮眠を
    とっているのを羨ましく横目で見ながら渋滞に突入しています・・・

  2. 町田 より:

    TJさんは、本当にいろいろなイベント会場をご存知なんですね。いつも感心してしまいます。
    上信越から帰るときは、確かに関越か中央道か若干迷うところですね。東京へ出る場合、距離的には関越のほう
    が若干短いという話は聞いたことがあります。(まだ調べてはいません)。
    昨夜は渋滞もなかったので、そのまま走ってきましたが、TJさんがおっしゃるように、渋滞にハマったら、S
    A・PAで仮眠をとれるようなキャンピングカーで走っているというのは、それだけで精神的な余裕が持てるの
    は確かですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">