月別アーカイブ: 6月 2007

答えは風の中

    「フィールドキング」 という伝説のバンコンを開発しているビルダー 「カスタムプロ ホワイト」さん。  そのオーナー池田健一さんに、ずっと昔からホームページに、『答えは風の中』 というエッセイを連載してもらっていま … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

ベン・ハー

《 昔の映画の現代的鑑賞法 歴史編5 》 「ベン・ハー」    歴史映画における不滅の金字塔といってもかまわない、ハリウッド製史劇の最高傑作が 『ベン・ハー』 である。  シナリオ、映像、キャスト、音楽。  どれをとって … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

便利さの中の貧困

   便利さが浮き上がらせた 「貧困」 というものがある。  『週刊文春』 7月5日号では、ネットカフェ難民の生活を、自ら体験してみたレポーターの手記が掲載されていた。    そのレポーターは、昼は日雇いの派遣業務をこな … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 10件のコメント

ヴォクシー&ノア

 2007年6月、トヨタ自動車の新型ミニバン 「VOXY」& 「NOAH」 の発表会がありました。    2001年の11月に発表された1代目に続き、2代目。  いつのまにか、6年の歳月が経っていたんですね。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

預言者ホリエモン

   2007年 6月現在、ホリエモンこと、堀江貴文氏の報道がマスコミから途切れて久しい。  しかし、最近のニュース番組などを見ていると、なんだか、ホリエモンの言っていたとおりの世の中になってきたなぁ…と、つくづく思うこ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

HERO (英雄)

《 昔の映画の現代的鑑賞法 歴史編4》 「HERO(英雄) 」    『HERO(英雄)』 は、秦の始皇帝暗殺をテーマにしたアクション史劇 (2003年公開)。  チャン・イーモウ監督がメガホンを取り、ジェット・リー、ト … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

200字で終わる世界

   ある本を読んでいたら、最近の編集者は、著者に原稿を頼むとき、「ひとつのテーマは200字以内でお願いします」というリクエストが多いという話が出てきた。  200字を超えると、読者から  「読みにくい」  「何を言って … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 10件のコメント

ロッキー2

   「ロッキー2」 といっても、シルベスター・スタローンが演じる映画  「ロッキー」 ではありません。  横浜にあるキャンピングカー販売店の 「ロッキー」 さんのことです。  それが 「ロッキー2」 となったのは、以前 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

アレクサンドル・ネフスキー

  《 昔の映画の現代的鑑賞法 歴史編 3 》 「アレクサンドル・ネフスキー」    『アレクサンドル・ネフスキー』 は、巨匠セルゲイ・エイゼシュタインが、1938年に発表した歴史映画。  物語は13世紀。ロシアに侵略し … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

モーターホームサービス工場 「クラフト」 展示場

   モーターホームのメンテナンス工場として知られる 「クラフト」 さんから、この6月2日に新展示場をオープンするという連絡をいただいたのは、5月の末。    オープニングイベントを欠席して、礼を欠いてしまったが、ようや … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 4件のコメント