“女遊び”は苦手

 
 私は、いわゆる 「女遊び」 というものにうとい。
 決して、女性が嫌いなわけではないのだが、多くの殿方が、酔った勢いで繰り出すキャバクラ系の店というのが、すごく苦手で、人に誘われない限り、まず自分から 「行こう!」 などと言い出したことがない。
 
 しかし、私のような中高年になると、集団でワイワイ飲んでいるうちに、必ず 「ネェちゃん Get に出かけるぞ!」 とあおり立てる人間が出てくる。
 とにかく、街のネオンというのが、よろしくない。
 赤やら青やら、黄色やらの煽情的な光線を浴びると、どうも男たちは、炎に飛び込む蛾のような狂おしい情熱に駆り立てられるものらしい。
 

 
 フィールドで、ランタンの明かりなどを眺めている方が心の休まるこの私も、周りの流れがそっちに傾いてくると、気が弱いために、反対することができない。
 
 そうなったときは、仮に…あくまでも仮に 「良い店の情報」 を持っていても、それを得意げに披露すると、音頭を取っている人の自尊心を傷つけることがあるので、自分から案内役を買って出ることはめったにない。
 

 
 こういう店に入るときの順番というものが、また問題なのだ。
 真っ先に入ると、黒服のボーイさんなどに、
 「ご指名の子はいますか?」
 などと尋ねられて、仕切らねばならなくなる。
 そうなると、「とにかく若い子を頼むよ。イキのいい子をまわしてよ」
 なんて、つらいセリフを言わざるを得ない場合も出てくるので、集団の先頭に立つことはまず避けている。
 
 かといって、最後尾につけていると、ボックスの良い席が他の仲間に取られてしまい、ソファの端っこに座ることになる。
 そうなると、両側に女性が座ってくれる確率が低くなる。
 別に、両側に女性が座ってくれなくても構わないんだけど、まぁ、できれば 「両手にナントカ」 という言葉があるじゃないですか、ね、ほら…
 
 そういう店では、特にモテたいという欲求があるわけではないので、ことさら目立つような言動は慎んでしまうのだが、お酒を注いでくれたり、タバコに火をつけてもらったときは、必ずていねいに 「ありがとう」 と言うことにしている。
 
 すると、それだけで、隣りにいた女性が、
 「あなたって優しいのね」
 と、他の仲間よりも、体をピッタリと摺り寄せてくる確率が上がる。
 (このへんは実測値を取ったことがないので、推計によるが、平均2~3cmぐらいは、仲間より私の方の接近値が高いようだ)。
 
 体を密着させてもらっても、ちっともうれしくないのだが、寒い季節などは、「体を温めて帰れば、暖房費を少し節約できるかな…」
 というふうに、建設的にものごとを考えるようにしている。
 
 だから 「もっと寄っていいよ」 などと、もし私が言ったとしたら、それは暖房費を節約するためのものなんである。
 
 また、仮に……あくまでも仮にだが、もし、私が女の子の手などギュッと握りしめていたとしたら、それは、向こうから握ってきた手を振りほどくことができないくらい、私が恥ずかしがりやだからである。
 
 こういう店には、たいていカラオケがある。
 この選曲がまたむずかしい。
 仲間の多くは、自信を持っている歌の3番目あたりから歌い出す (最も得意な歌はフィナーレにとってお
く)。
 しかし、中高年の悲しさで、多くの場合、自分の娘ぐらいの若い子が聞いている歌を知らない (…もしくは歌えない) 。
 
 そこで、精いっぱい最新の歌を探そうとするのだが、せいぜいコブクロの 「桜」 ぐらいまで。
 後は、中村雅俊の 「恋人も濡れる街角」 か、村下孝蔵の 「初恋」 。
 団塊世代まっさかりになると、裕次郎オンパレード。
 
 もちろん、ステージから戻ってくると、ボックスで待っていた女性たちから大ウケ。
 しかし、その盛大な拍手は、歌い終わったことを確認する拍手であって、歌った本人は、誰も聞いていなかったことなど知らない。
 
 こういう状況下で、ホンモノの拍手を得ることは、実にむずかしい。
 だから、私は、ウケようと思って曲を選ぶということが、まずない。
 聞いてくれても、聞いてくれなくてもいいような、人の知らない地味な曲を、遠慮しながら、こっそり歌う。
 ベン・E・キングの 「スタンド・バイ・ミー」
 レイ・チャールズの 「ジョージア・オン・マイ・マインド」
 ドリフターズの 「渚のボードウォーク」
 プラターズの 「オンリー・ユー」
 
 私が拳をふりあげ、スタンドマイクを引き寄せて絶唱しているという証言もあるようだが、あくまでも、それはサービス精神に基づくポーズであって、恥ずかしいのを我慢しながら控え目に歌っていることにはかわりない。
 で、そういう古い曲は、たいていの女性はみな知らない。
 しかし、これが外国人系のパブなどでは、不思議と反応が良い。
 
 「マチダサンステキ! コノウタ、ウチノパパ、ヨクウタッテイタ」
 …パパ?
 ああ、そういう年なのね、俺。
 とは思うけれど、それだけで、赤面症の自分は、ステージから戻ったときの女性たちの賛嘆の視線がまぶしくて、顔が上げられない。
 
 「スゴイ! アナタ プロデスカ? エイゴノウタ、トテモジョウズ!」
 「へへへ、ニューヨークのパブで皿洗いしていたとき、専属歌手がケガして、代わりに俺がステージを務めたんだよ」
 なんて冗談のひとつも、たまに許されていいのかもしれないが、根が真面目な私には3回に1回ぐらいしか、そんなことが言えないのだ。
 
 で、ねだられると、気が弱いものだから、ついつい会社の名刺を渡してしまう。
 
 毎日夕方になると、会社へ電話が入る。
 
 「マチダサン、コンド イツクル? トテモアイタイ。ワタシ、アナタニ、アイラブユー! ヨルモネムレナイ。8ジマデニハイレバ、ハンガクヨ。イツクル?」
 
 また、ひとり、純真な外国人女性につらい思いをさせてしまったかと思うと、胸が痛くなる。
 「ごめんね、いま忙しくてしばらく行けないなぁ…」
 「ソンナノユルサナイ! コンド、シメイシテクレレバ、モットサービススルヨ。イツクル?」
 
 このようにモテ過ぎてしまうことは、相手をだましているような気がして、私のような気の小さな人間には、とても耐えられないのである。
  

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

“女遊び”は苦手 への20件のコメント

  1. 磯部 より:

    何故、町田さんはいつも私と同じようなことをやっているのか、読めば全くの同類ではないですか? シャイなのに目立ちたがり、半分ホントだがあとの半分は醒めている、酔っているのかいないのか、自分でも確認し難し。
    あ~あ、今度会うときは健康的にいきましょう!
    太陽のもと、美味しいコーヒーでも飲みながら、キャンピンカーについて教えていただきたいですからね。
    その後にしましょう!

  2. TJ より:

    私もキャバクラ系の店というのが、すご~く苦手です。酒じたいは好きですが別に傍におねぇ~ちゃん、それも自分とは親子ほども年の違う娘と話なんか合うことは滅多にないのでおねぇ~ちゃんの数が多い店より酒の種類が多い店が好みなのですが、必ず1軒はおねぇ~ちゃんいる店に連れて行かれる飲みが3回に1回はあります。まあ、ごくまれに話上手で聴き上手な娘がいると楽なんですけど。それと、香水や化粧品の臭いがキツイのも苦手です。。
    感心より関心するのが外国系のおねぇ~ちゃんの日本語を覚える早さ!これは日本人が英会話教室に通っても通じない英語を話すのとは大違いです。
    あ~~今から富士に行ってきます!!

  3. ジャバママ より:

    デルタリンクに紹介されて、栄えある2番手に“女遊び”は苦手と、きたもんだっっっ!!
    町田さん・・・・さすがです(^^)

  4. 軽コロ より:

    私もオネェーチャンはいらない派です。
    独身の頃に入り浸っていた店はオバチャンが一人でやってた赤ちょーちん系でした。
    熟女マニアではありません(念のため)
    お酒飲むのに若いコ(って、私もまだ若僧ですけど)なんて要らないぢゃないですか。
    あと、変に酒に強いのでなかなか酔わないので、ビール一杯でほろ酔い気分になって、お馬鹿ができる人が羨ましいです。
    パカパカ飲んでいて、突然酔いが来てその後は別の人格に支配され、表の自分はお休みモードに入るので理解ある親しい人としか飲めません(爆)

  5. 町田 より:

    磯部さん 同類同士仲良くしましょう!
    どうも自分の中には、人格が2人いるようです。
    ハチャメチャに遊んでいる自分を「バカなやつ」とたしなめる自分がいて、その「たしなめる」自分をさらにか
    らかっているハチャメチャな自分。
    自分でもわけ分かんねぇ! 
    AB型だからですかね。
    そうそう、フィールドで飲むコーヒーは、最初はパーコレータで沸かしていましたが、市販の「モンカフェ」で
    充分においしいですね。最近はそればかりです。

  6. 町田 より:

    TJさん、朝早くのコメントありがとうございました。
    おそらく今日の富士山もきれいだったのではないですか? 私もまた、名古屋に向かう新幹線の窓から早朝の冨士を見ていました。
    確かに外国系の「オネェちゃん」の日本語を覚えるスピードは早いですね。感心してしまいます。
    自分はほとんど英語なんかしゃべれないんですけど、そういう店に行ったときは、なるべくそのつたない英語で話すようにしています。もちろん彼女たちの母国語でもないわけですが、なんか…「お前ら日本に来たなら日本語しゃべれよ」という感覚が、どうも好きになれなくて。

  7. 町田 より:

    ジャバママさん どうもです!
    今日、そのデルタリンクの山田社長と名古屋で会って来たんですよ。相変わらず、ロバート・B・パーカーなん
    か読んでいましたよ。洒落た男です。

  8. 町田 より:

    軽コロさん、コメント笑えました!
    >「熟女マニアではありません。念のため」と、自分で先に突っ込みを入れるセンス…いいですねぇ。
    今日、キャンピングカー広島の桑原専務と話したとき、軽コロさんの話が出ましたよ。
    「トレーラーユーザーなのに、自走式キャンパーのようにトレーラーを使っているところが、あの人のすごいところだ」って、専務が話されていましたよ。

  9. 軽コロ より:

    おふざけモードにコメント戴き恐縮です。
    名古屋・・・あ、フェスタが開催されているんでしたね。来月広島で開催ですが、どうやら仕事になりそうです
    (残念)
    新型のPicnicの詳細がなかなかHPに出てこないな・・・と思ったら、桑原専務が名古屋に行っていらっしゃる
    んですね。
    載せる人が不在ならしょうがないか。。。

  10. 町田 より:

    この時期、キャンピングカー業界の皆さんは、お忙しいようですね。春のショーが目白押しで。
    ピクニックの価格表入りのパンフレットも、やっと今日もらいました。
    どこの会社の皆さんも「もしかしたら、ホントにキャンピングカーブームが来たのではなかろうか?」
    と怯えていました。
    「怯えていた」というのは、受注に生産が追いつかないのではないか? …という意味で。
    メーカーによって受ける感触は違うのでしょうけれど、傾向としては、「今年はなんか手応えがある」というムードを、皆さん感じているようです。

  11. 大阪キャバクラブログ

    大阪キャバクラ夜遊びブログの方で宜しくお願い致します。 それからキャバクラ夜遊び/大阪京都神戸さんの方もね

  12. キャバクラ情報誌クラブアフター最新号が本日発売!!

    キャバクラの最新情報をゲットしちゃってください! 詳細はこちらで→http://www.after.co.jp/ 横浜 キャ
    バクラ『横浜シーサイド』の水野あこチャンがカバーガールです。超可愛いですよー。 他にも、六本木で大
    人気の「愛原リオナ」チャンも見開きで掲載!! ぜひ、買ってオクンナマシーーー。

  13. キャバクラ求人-Ageha(アゲハ) フリペ好評配布中!!

    ただいまキャバクラ求人のフリーペーパーを配布中!! オフィシャルサイトはこちらです→http://www.n-ageha.jp/ ぜひ、ご利用して下さいませぇ。

  14. キャバクラ嬢ご用達し新宿歌舞伎町『ワンニャン保育園パーク24』。

    キャバクラ 求人 高収入 アルバイト 情報-Ageha(アゲハ)の記事より。 http://www.n-ageha.jp/ ◎都会の真ん中にドッグラン出現!? 新宿のど真ん中に、ワンちゃん達がこんなに自由に動き回れる場所が!?とビックリしてしまう「ワンニャン保育園24」。なんと言っても、ワンフロア全体を占めるショップの大半が、犬達が自由に動き回れるドッグランスペース。スタッフの犬達も

  15. キャバクラ/ニュークラブ イベント最新情報。

    ~キャバクラ/ニュークラブ 最新情報~ http://www.after.co.jp/ 本日、発行したメルマガの一部です。 1 .2008年4月上旬のキャバクラ/ニュークラブ イベント情報 ・新宿歌舞伎町『PROUDIA(プラウディア)』 4/14(月)・4/15(火)桜祭り ※PROUDIAの店内が本物の桜で満開にな..

  16. クラブとかラウンジがお似合いになりそうに思います。

  17. 大阪キャバクラnight

    大阪ミナミのキャバクラへゆく!の巻。 OZさんの場合。 たぶんきっとこれが王道なんだろうな。というか、理想なのだろうなぁという気がしました。気づかされます。 同伴してくる女の子が自分が今まで見てきた中では一番多いッス。 店に入る時間帯とか曜日とか、その日の調..

  18. 町田 より:

    >大阪キャバクラさん
    なぜか、この記事へのトラックバックが多いのですが、そちらのご専門の方にも面白く読んでいただける内容になっていたのでしょうか。
    そうだとしたら、光栄です。
    キャンピングカーに興味をお持ちの方を対象としたブログなのですが、私個人はこういうネタもけっこう好きです。いろいろ教えてください。

  19. 関西(大阪・京都・神戸)の夜遊びをガイドされたい。。。

    キャバ嬢 ホステス キタ ミナミ北新地 十三 西中島 祇園 木屋町 河原町 姫路など

  20. まどか より:

    あんた、まじでこれ書いたとしたら馬鹿だな。
    会社の名刺わたしてんじゃねえよ。
    しかも営業トーク的にこの女も馬鹿丸出しだな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">