新車レポート10 「エメロードⅢ」 2007

エメロードⅢ 2007年
  
 わが国におけるトラベル・トレーラーの普及に、インディアナ RVさんの果たした役割は決して小さくないでしょう。
 ポルト6。そしてクナウス・スポーツ400 J スペシャル。
 日本の道路事情を考慮して、初心者でもけん引しやすいサイズにこだわり、そして、装備を充実させながら、価格をリーズナブルなものに押えていくという、あのインディアナRV商法が、どれだけ日本のトレーラーファンを増やしていったか。
 それは、今さら言うまでもないことのように思えます。
 
 最近は、けん引免許を取得しても、豊かな居住性を持つトレーラーが欲しいというニーズが高まってきましたが、日本でけん引しやすい入門編としてのライトトレーラーの需要がなくなったわけではありません。
 エメロードⅢは、そんなインディアナ RV の路線を強力に支援する日本サイズの新型トレーラーです。
 
 全長5770㎜、全幅2060㎜、全高2700㎜。
 スペック的には、スポーツ400 J スペシャルとそれほど大きくは変わりません。
 ただ、レイアウトには画期的な新機軸が打ち出されています。
 フロントには、ドーンと大きな固定ダブルベッド。
 ポルト6から400Jスペシャルまで継承されてきたダブルダイネットから、鮮やかな方向転換です。

 
▲エメロードⅢ
  
 降旗社長はこう言います。
 「今までの 2ダイネットを購入された方でも、実際に使っているうちに、片側のダイネットはベッド状態にしたままの人が増えてきたのです。それなら、いっそのこと、片方は常設ダブルベッドにしてしまおうと…」
 ファミリー路線を追求し続けてきたインディアナ RV ですが、最近のシニアカップル急増の流れが、ここにも押し寄せてきたのかもしれません。
 もっとも、リヤダイネットも当然ベッドに変換できますし、広いテーブルを生かした状態で、大人4人が食事できるスペースは確保されています。
 このスタイルなら、ファミリーにもシニアにもぴったりというわけですね。

   
▲リヤダイネット                             ▲キッチンからもテレビが…
 
 日本の使用環境に合わせて装備を充実させるという路線は、このエメロードⅢにおいても変わらないようです。
 日本仕様として、スカイライトルーフ、収納式洗面台なども標準装備。
 LPG 耐圧ホース、LPG レギュレーター、LPG 緊急遮断バルブなど、ガス関係も、以前と同じくすべて日本製に変えられています。
 テレビの取り付け位置には新機軸が!
 今までの 7インチのテレビが、吊り下げ式の13インチ液晶型(op.)に替わり、スライドさせて、ダイネットからも、ベッドからも見られるようになりました。(ちなみに液晶テレビの価格は、取り付け工賃を入れて117,600円です)。
 
 ビルダーは、ヨーロッパでも最大手のキャラバンメーカー「トリガノ」。
 税込み価格は2,499,000円。
 もちろん、普通免許でけん引可能です。
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

新車レポート10 「エメロードⅢ」 2007 への4件のコメント

  1. 軽コロ より:

    私の使っているAntaresLuxeも同じトリガノのトレーラーです。仕様の割に価格がリーズナブルなところがこのメーカーの特徴でもありますが、エメロードの外観はトリガノのAmbianceに似ていますね。
    Ambianceは牽引免許サイズですから、日本向け仕様に作らせているのでしょう。さすがですね>インディアナRV。
    驚いたのはオプションで液晶TVがあること。
    インディアナさんはいろいろなオプションをつけられることでも定評がありますが、トレーラーは自走と違い、ラジオすらありませんから、このオプションは斬新だと思いました。
    常設ベッドは、ここ2年くらい前から流行してきています。私のトレーラーもそうですけど、1つでもベッドのままの部分があるとメイキングしたまま移動できるので休みたいときに休めるので非常に便利です。シニア向けのみならず、小さいお子さんがいる場合にも重宝するみたいです。

  2. 町田 より:

    軽コロさん 液晶テレビのことご指摘いただいてありがとうございます。
    そうそう、これ、このトレーラーのひとつの目玉ですものね。それを記事にしようと思い、わざわざ写真まで用意したのに、本文で触れるのを忘れておりました。
    記事は追加しておきました。
    トリガノは大きなメーカーだけあって、ヨーロッパ全域にマーケットを広げていますが、この機種は、あまり欧州には出ていない機種だそうですね。
    ヨーロッパで需要があるのは、これより大きなサイズのものか、逆に少し小さいもの。
    そういった意味で「ジャスト日本サイズを見つけた」とインディアナの降旗氏は喜んでおりました。
    で、>「ひとつでもベッドのままの部分があると、休みたいときに、すぐ休めるから便利…」
    なるほど。
    私自身は、ユーザーとしてトレーラーを使ったことはないのですが、そのへんは自走式と変わらないんですね。

  3. 軽コロ より:

    あの液晶はスライドするのですか!それは非常に便利ですね。
    あ、休みたいときに休めるの意味について補足しますと、もちろんトレーラーは停車時でないと乗車できませんので、ちょっと車内で食事をした後にとか、SAなどでの休憩時に・・・ということです。
    まぁ、自走でも走行時に寝るのは良くないのでやはり一緒ですかね(^^;
    幼児がいると昼寝をさせたり、座敷風の遊び場として活用してる人は多いです。(もちろん停車時に)

  4. 町田 より:

    軽コロさん、わざわざ補足のコメントありがとうございます。
    そうですね。トレーラーが停車時にしか使えないことは、知っている人には“常識”ですが、知らない人には誤解を招く場合もあるかもしれませんね。
    これも、昔インディアナの降旗さんに聞いた話ですが、あるテレビ局から、「ドラマにトレーラーを使いたい」という申し込みが入り、貸し出したところ、TVドラマになった画面を見てみると、走行中に、家族がトレーラーで食事をとっている設定になっていたとか。
    「参ったよ」
    という降旗さんのあきれ顔が印象的でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">