新車レポート9 MYS ミスティック 「ウィンピュアJ’s」 2007

 
 ウィンピュア・ジェイズ (J’s) は、ピックアップキャビンのプロショップである 「M.Y.Sミスティック」 が開発した、ハイエース・スーパー・ロングを使ったバンコンです。
 この2007年2月にデビューしたモデルは、3世代目。
 いわゆる 「熟成」 という言葉がぴったりとくる、いい仕上がりになりました。


▲ウィンピュアJ’s外装  


▲セカンドシート

 ピックアップキャビンの専門ショップが、なぜバンコンを開発するようになったのか。
 
 いろいろな理由が考えられるでしょうが、おそらく、国産ピックアップキャビンを開発・製造していくなかで培われた、軽量化と防振対策の技術を、よりマーケットの広いバンコンの分野で試してみたくなったのでしょう。
 
 なにしろ、トラックの荷台に積載するピップアップキャビンの場合は、軽さの追及と振動対策が設計上の必須条件となります。構造上では“荷物”なわけですからね。
 そのような、シビアな作業の蓄積によって培われてきた 「鬼のテクニック」 をバンコンに投入!
  
 …というわけで、ウィンピュアJ’sは、従来のバンコンメーカーが開発するものとはひと味違ったバンコンとなりました。
 
 このJ’sにおいては、家具コーナーにラバーモールを取り付ける方法などに、ピックアップキャビンからフィードバックされた振動吸収対策がしっかりと施されています。

 もちろん軽量化の追及にも、ピックアップキャビンのノウハウが生かされており、装備類の重量は 「他社キャンパーの架装重量のおよそ半分」 (同社HPより) とか。
 とにかく、平均的なハイエースキャンパーより、400kgぐらい軽く造られているそうです。


▲ダイネットベッド
 
 しかし、このJ’sの良さは、やはりレイアウトの妙に尽きるような気もします。
 現行ハイエースのスーパーロングを使ったバンコンで、横寝のリヤ2段ベッドを早い段階で企画したのは、このJ’sです。
 

▲リヤ2段ベッド
 
 今でこそ、この横寝リヤ2段ベッドは大流行。
 どこのバンコンメーカーでもこれに取り組み始めましたが、実は、ここで横方向にベッドを作るとなると、大人の就寝定員の規定(1800㎜)を満たすには、わずかに足りません。
 
 そこで多くの業者さんは、FRP製の拡張ボックスを付けるなどして、ボディサイドを膨らませ、就寝定員を確保する方向に進みました。
 
 J’sは、それをしていません。
 拡張ボックスを張り出させるのは、運転席からの後方視認性を悪くするのではないかという懸念があったようです。
 
 「形式的な数値を整えるよりも、自然体で使えばいいじゃない」
 …と、そこはあっさりしたもので、
 「身長180cm以上ある人は、ちょっと身体を斜めにして寝てください。対角線のところでは、しっかり180cm取れていますから」
 
 ミスティックの佐藤社長は、お客さんにそう説明しています。

 したがって、カタログ上の就寝定員は「大人2名+子供2名」。
 身長170cmぐらいの大人なら、身体をまっすぐ伸ばしたままリヤベッドで横寝できますので、実質的には大人4名の就寝も可能です。


▲リビング


▲キッチン
 
 この3世代目のウィンピュアJ’sのもう一つの特徴は、「クラシカルな内装」 。
 最近の国産キャンピングカーは、みなドイツ・テイストになってきました。
 
 ドイツ味とは、モダンデザインを意味します。
 しかし、J’sの目指すものはイギリス味。
 イギリスのインテリアは、伝統的にクラシカルな味わいを大切にする志向が強く、色目は重厚ながら、自然素材の味わいを大事にするという傾向があります。

 ファッションではいえば、昔の 「ポール・スチュワート」 などがそうですね。
 ポール・スチュワートは、アメリカ東海岸のブランドですが、オーソドキシーな英国テイストをコンテンポラリーに翻訳した、洒落たセンスを大切にしていました。
 J’sの目指したものも、それに似ています。
 
 2007年は、モダンリビングを極限までに追求しようとするメーカーが出てくる一方、逆にこのJ’sのように、クラシカルな味わいを復活させようとする動きも出てくるなど、国産キャンピングカーの世界もなかなか目が離せなくなってきました。

 ベース車:トヨタ・ハイエース・スーパーロング
 全長5380㎜、全幅1880㎜、全高2390㎜。
 車両本体価格:税込み4.290.000円(2WDガソリンAT)~
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

新車レポート9 MYS ミスティック 「ウィンピュアJ’s」 2007 への5件のコメント

  1. スパンキー より:

    これ、いいなあ。サイズも値段も身近で、ベースがハイエースというのも何故か安心できます。
    私の場合、運転途中にすぐ眠くなったりお茶したりするので、こうゆう人間には最適ですね。
    海岸沿いに止めて朝日を見るなんていうのも、このクルマならOKって気がします。

  2. 町田 より:

    これは、非常に使い勝手のいいバンコンですね。
    まず、セカンドシートが進行方向を向くので、普段はワゴンのように使えます。
    家族で使うなら、それこそ、子供たちを先にリヤベッドで寝かせてから、大人だけでダイネットでのんびりくつろぐとかね。
    フリールームもあるので、トイレルームとして利用することもできます。
    1台あれば、いろいろ使えますね。
    海岸沿いに止めて、朝日を見る! 
    サイコーですね。

  3. Martin より:

    このハイエース、デビュー当時から注目してました。
    横寝の元祖的存在でしたから。
    最近、やっと契約し購入する事となりました。
    的確なインプレッション、参考にさせて頂きました、有難うございました。

  4. Martin より:

    このハイエース、デビュー当時から注目してました。
    横寝の元祖的存在でしたから。
    最近、やっと契約し購入する事となりました。
    的確なインプレッション、参考にさせて頂きました、有難うございました。

  5. 町田 より:

    Martinさんはじめまして。
    ウィンピュアJ’sは、デビュー当時から異彩を放っていましたね。
    つたないインプレッションながら、参考にしていただくなど光栄の至りです。
    また、頑張って紹介記事を続けていきます。
    どうぞよろしく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">