月別アーカイブ: 1月 2007

トンでも検索用語 Ⅱ

   検索エンジンを使ってお越しいただく読者の 「検索ワード」 を調べてみると、読者がどのような情報を求められているのか、また世の中の関心が、どのような方向に向いているのか、およその傾向が分かって面白い。    今回は、 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 4件のコメント

「車が来なければ赤信号でも渡れ」 は正しいか?

   交差点で、歩行者として信号待ちしているとき、はるか遠くまで見渡しても、クルマの姿が見えないときがある。  信号を無視して、歩いて渡ることは充分に可能だ。    さて、あなたは、その場合、渡りますか?  それとも、信 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 8件のコメント

TOKIO

   キャンピングカーで地方を旅するようになって、最初のうちは、「日本ってなんて暗い国なんだろう」 と思った。  田舎を走っていると、日が沈むと闇に覆われる土地が多い。  地方都市に入っても、繁華街を抜けると、ほとんど明 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

月代 (さかやき)

   お正月以来の完全休養日。やぁ、昼寝しました。  いま、目がさめた。  23:10。    今日の唯一の生産的な活動というのは、床屋に行ったこと。  首を左右に振ったときに、バサっと髪が目にかぶさると鬱陶しくてしょう … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 2件のコメント

この世に似ている人間は3人いる

 自分とそっくりの人間が、この世には3人いるといわれている。  しかし、たった3人しかいないのか?  …という気もする。    私などは、カミさんから、  「ビートたけし、前田吟、武田鉄也に似ている」とよく言われる。   … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 2件のコメント

司馬遼太郎文学のリズム

 司馬遼太郎の文体は、ロックンロールだ。  黙読していても、言葉の転がり方が、実に軽快だ。  読んでいると、気分がうきうきと高揚し、血液中のアドレナリンが毛穴から、いっせいに吹き出して来るような錯覚に襲われる。    た … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

乗用車は異次元の乗り物だった !

   3本同時進行で抱えていた制作物のひとつが、今日やっと納品。  国産のバンにそれを詰め込んで、クライアントさんのところまで、東名高速を西へ。    それにしても、久しぶりに普通の自動車に乗った。  「地を這うような」 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 4件のコメント

人間の後ろ姿に宿る真実

   人間には、顔の後ろに眼がない (もっとも、あったら大変だ)。  だから自分の後ろ姿を見ることができない。    まぁ、顔に眼が付いていても、それで自分の顔を見るということはできないわけだから、人間って、意外と自分の … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 8件のコメント

今が文明のピークだ

   「上海がすごい。世界一の超高層ホテル 『グランド・ハイアット・シャンハイ』 の88階にある展望台からの眺めは、この世のものとは思えない。地平線の彼方まで高層ビルの海だ」    昨日 (2007年1月22日) に発売 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

グーグルとは何か

   昨晩 (2007年1月21日) の NHK スペシャルで、米国の 「グーグル」 を特集した番組を放映していた。    グーグルといえば、一般的にはパソコンの検索エンジンを運営する会社という認識が浸透している。  し … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント